Mac 版 Google Chrome がついにリリース

google開発者
今朝googleからメールがきました。

”Mac ユーザーの皆さん、本当にお待たせしました。
Mac 版 Google Chrome の登場です”

ページでは開発者達のレゴ写真まで準備されていてgoogleっぽい遊びもあった。
メールを読むと、Mac版の開発に関して以下のようなことが行われていたらしい。

・73,804 行の Mac むけのコードを記述
・29 回の開発ビルド
・1,177 件の Mac 関連のバグを修正
・Mac 版 Google Chrome のコードベースに、外部から 12 人のコミッターとバグ修正者、48 人のコード提供者が参加
・8,760 杯のジュースとコーヒーを消費

プログラムのビルドとかバグの回数とかは良くわかんないけどw
8760杯のジュースとコーヒーは
レゴの人を数えると18人いるようなので1人あたり486杯
Chromeは1年以上前から開発されてるから(この記事参照
だいたい1日1杯くらいになるので、けっこう普通だったw

現在使ってみて、Mac Chromeは、Windows版と同じように軽くてシンプルで使いやすいです。
不満点としては、ショートカットの作成で、アドレスの横のアイコン↓
スクリーンショット(2009-12-09 13.16.24)
をドラッグすると、デスクトップとかにショートカットファイルができる機能が
通常どのブラウザでもあるのに、Mac Chromeではできませんでした。
ブックマークにいれるほどでもない、ちょっとしたURLを覚えとくのによく使っていたので不便。
一応、いろいろいじっていたら、アドレスのテキストを全て選択してアドレスの上で長押しするとドラッグ可能になってショートカット作れるっぽいことは発見したんですが
ちょっと面倒。

意外とsafari4の出来がいいので、メインブラウザ選びに悩みそうです。

2 comments.

  1. 僕も今朝、Google Chromeからメールがきました!
    めちゃくちゃ早いですね!
    まるで、ローカル内のページを閲覧してるような早さですね!

  2. 早いのが一番ですね!
    chromeとmagic mouseでだいぶブラウジングが快適!

Post a comment.