JOINTEX

文字遊びブック。
ひらがなを分割して出来上がる構成要素を文字の公約数と考え。パーツを構成します。
文字というものがどのような要素で出来ているのか?
また、組み合わせによって、別な文字へ変換できることを発見できます。

楽しく簡単な文字をつくっていくうちに、実は凄いものが出来てしまい。
単純なひらがななのだけど、新しい可能性を感じることができるはずです。

接続の問題はあるけれど、最後に現れるT-REXは実際に書いてあるパーツを
組み合わせれば完成するはず!

文字がジョイントで繋がり変形することが面白かったので、そのネタを16ページにまとめました。
このネタはデジタルでも使えそうなので、FLASHゲームなどに展開できればと思ってます。

全ページはこちら














Zirconia eye Reindeer

tonakai

PC-01-ZiReindeer

クリスマスも近いので、トナカイを作りました。
目には4mmのジルコニアを埋め込み。
小さいです。高さ8cmくらい(角こみ)

使用したのは、針金と樹脂粘土とアルミホイル、4mmサイズのジルコニア2個です。

1.針金で骨組み
tona1
2.アルミホイルで肉付け
tona2
3.樹脂粘土でさらに肉付け
tona3
4.乾燥させたら、シルバーにぬって、あらかじめ開けておいた目にジルコニアを埋め込んで完成。ジルコニアでかすぎたな・・・

樹脂粘土はけっこう乾くの早いから、継ぎ足した部分が皺になりやすいので素早く作ります。
今回使ったのは、ちょっと半透明な感じがきれいな[グレイス] 樹脂風粘土です。
手にくっつかないし、程よい堅さで使いやすいです。