as3_フルスクリーンモード

fullimg

Flash をフルスクリーンにするには stage のプロパティのdisplayState にモードをセットします。
フルスクリーンモードはFLASH起動時からいきなり設定することができないようなので、ボタンなどユーザーからの操作イベントの中に記述しないとダメみたいです。

フルスクリーンにする

stage.displayState = StageDisplayState.FULL_SCREEN;

フルスクリーンからウィンドウモードにする

stage.displayState = StageDisplayState.NORMAL;

フルスクリーンの切り替えボタンに
下記のように書いておけばOK

//fullscreenBtnというボタンがあるとして
var fulls:Boolean=false;
fullscreenBtn.addEventListener(MouseEvent.CLICK, fullbtnclick);

public function fullbtnclick(event:MouseEvent):void {
	if(fulls){
		stage.displayState = StageDisplayState.NORMAL;
		fulls=false;
		//アイコンの絵を変える処理など
	}else{
		stage.displayState = StageDisplayState.FULL_SCREEN;
		fulls=true;
		//アイコンの絵を変える処理など
	}
}

ただしESCキーを押しても、フルスクリーンからウィンドウモードに戻れるため、FLASH内のボタンを押さずにウィンドウモードに戻っちゃう場合もあります。
その場合、画面に表示されてるボタンが「ウィンドウに戻る」のままになってしまうので以下のようなイベントリスナーも必要です。

addEventListener(FullScreenEvent.FULL_SCREEN, fullscrcheck);
function fullscrcheck(event:FullScreenEvent):void 
{ 
    if (event.fullScreen) 
    { 
        // フルスクリーンになったときの処理 (ボタンの絵を変えるなど)
    } 
    else 
    { 
        // ウィンドウモードになったときの処理 (ボタンの絵を変えるなど)
    } 
} 

このリスナーを登録しておけば、スクリーンモードが変更された場合に呼び出されるのでESCで戻った場合も反応します。

最後に、FLASHを埋め込むHTMLタグ部分に

allowFullScreen="true"

のオプションを追加しておけばフルスクリーン対応になります。



Adobe Flash CS4 詳細!ActionScript3.0入門ノート[完全改訂版](CD-ROM付)

Post a comment.