max & mental rayで描いた初CG

united arrow kimono

rendered in 3ds max with mental ray

CGの記事がなかったので、過去のCGで1つ。

これは、3ds max 8くらいのときかな
初めてメンタルレイを使ってレンダリングしたCGです。
というか、その後V-rayにしちゃったんで、最初で最後くらいのmental rayかも。
ZOZOTOWNにあるunited arrowsの店舗に着物のカテゴリが出来るということで描いたCGです。

この時のmental rayには反射がボケるってことができなくて。(その後のverでできたことを知りました)
ほんとは床面をてかてかの写り込みじゃなくて、ちょっとぼけて写りこませたかったんだけど断念
vrayだとそれが出来たから、移行したきもする。
もちろんレンダリング速度もvrayの方が速かったからというのもあるけど。

とはいえ、mental rayの計算する画質はとても気に入ってました。
当時、グローバルイルミネーションもそんなに使ったことなかったから、外から差し込む光の感じとかがこんな簡単に再現できるとは!!と感動した覚えがあります。

向かって右側にある花瓶と花のあたりの光の感じが特に好きです。
台の上の面の光の飛び具合、左の壁の光の飛び具合などがとっても苦労しました。
さすがにその辺はGIの計算だけでいい感じになはらないので、細かくライティングしての試行錯誤の結果です。

着物のモデリングなんかもけっこうがんばったと思う
いかにも3DCGっていうような、角張ったCGっぽいのをなくせないかと思ってた時で
手前の机なんか、わざわざ角をぶつけたみたいな傷とか、無駄にモデリングしてた気がします・・・
とはいえ、意外とメッシュはシンプルかも。
uamesh

3年前くらいに描いたCGですが、今でもけっこうお気に入りのCGです。
ポートフォリオページではもう少し大きいサイズで見れますのでぜひそちらもご覧ください。



3ds Max レンダリング – mental ray で実現する高度なレンダリング –

Post a comment.